二日酔いの原因・体質を知るおすすめの方法・人気サプリメントを飲んでも深酒は逆効果

誰にでも一度はある二日酔いの苦しみ。二度と繰り返さないためには、人気のサプリメントなどで対策するほかにも、二日酔いについてきちんと理解しておくことが大切です。そこで、二日酔いの仕組みと二日酔いになりやすい人の特徴を分かりやすくご説明します。

サプリメントを使用せず、いくら飲んでも全く酔わない人と、奈良漬を嗅いだだけで顔が赤くなってしまう人がいます。お酒は飲んでいるうちに強くなるとも言いますが、後者の人では、そんな具合にはならないようです。アルコールに強い人・弱い人がいますが、これは何で決まっているのでしょうか。アルコールに対する体質の分かるおすすめのテストがありますから、そのやり方もご紹介します。

 

人気サプリメントを飲んでも深酒は逆効果!二日酔いの原因は?

飲酒後、血液に溶け込んだアルコールは肝臓まで運ばれます。まず、ADHという酵素によって、アルコールがアセトアルデヒドに変化。さらに、アセトアルデヒドを分解するALDHとう酵素によって酢酸に変化して、最後は無害な炭酸ガスと水に変わります。

このシステムが順調に働けば、飲んだアルコールは全て完全に分解されて、サプリメントの効果に頼らずとも、すっきりとした朝を迎えることができるのです。しかし、肝臓のアルコール分解能力を超えるほど多量の飲酒をすると、有害物質のアセトアルデヒドが体内に残り、不快な二日酔いの症状が現れます。

一方、二日酔いになりやすい人の中には、生まれつきALDHの働きが十分でない人がいます。たとえ少量の飲酒でも、アセトアルデヒドを分解できなくて、顔が真っ赤になり、頭痛・吐き気などをもよおします。いわゆる下戸と言われる人たちで、日本人に多く見られます。

欧米人にはADHの働きが弱い人がいて、アルコールの分解が進まずに長く体内に残り、その結果、アルコール依存症になるケースがあります。いわゆる大酒飲みと言われる人たちです。

 

二日酔いの症状は?アセトアルデヒドの害と肝臓の疲労による症状

頭痛・眼痛・吐き気

アセトアルデヒドの処理が十分にできない場合、過剰のアセトアルデヒドが血液に入り、蓄積して、頭痛などの二日酔いの症状が起きます。

 

眠気・だるさ

肝臓は、吸収した栄養分をエネルギーに変える働きを持ちます。大量飲酒後にアルコールの分解にパワーを使い果たした肝臓には、エネルギーを作る力が残っていません。このため、体のエネルギーが足りなくなって力が出ない状態に陥ります。これが、二日酔いに伴って現れるだるさなどの症状です。

 

アルコールパッチテストがおすすめ!アルコールに対する体質検査

自分の体質がアルコールに強いのか、あるいは弱いのかを知る簡単な方法が人気です。それがアルコールパッチテスト(エタノールパッチテスト)で、一度やってみることをおすすめします。

傷テープのガーゼ部分に、消毒用のエタノール(お酒の中のアルコールと同じ成分)をしみ込ませて、腕の皮膚の柔らかい部分に貼り付けます。7分後と10分後に、皮膚の色を観察します。7分後に皮膚の色が赤変した人は、アルコールに非常に敏感な、お酒が飲めない体質。

市販のサプリメントの効果も薄いと言えます。10分後になって皮膚の色が変わった人は、アルコールに敏感な、お酒に弱い体質と判断できます。

 

毎日の健康維持に役立つ人気のサプリメントをお探しなら

二日酔いは、酵素の能力を超える多量の飲酒をした時や酵素の働きが弱い人が飲酒した時です。とはいえ、お酒はコミュニケーションを深めたり、ストレス発散したりする効果があります。自分の体質に合った適量のお酒を飲んで、楽しく癒されたい方も多いのでは。

「お酒が好きで、健康にも気を使いたい」と感じている皆様におすすめしたいのが、リンクマネジメント株式会社が開発したサプリメント「CRYSTAL H.E.」です。このサプリメントは、持続的な健康維持に役立つ商品となっており、毎日シャキッと過ごしたい方から人気です。便利な定期購入と、初回お試し購入が選べますので、ぜひお試しください。