水素産生菌とは?腸内環境を左右する腸内細菌について

100兆個もいるとされる腸内細菌。その中身が少し変わっただけで腸内環境に変化が生じて、体に異変を感じます。腸内細菌は、まさに健康維持のキーワードとも言える存在なのです。腸内細菌の中には、広く知られる乳酸菌や大腸菌などのほかにも、腸内で水素を発生させる水素産生菌という菌がいます。

こちらでは、これらの菌の種類や役割をご紹介します。リンクマネジメント株式会社では、水素産生菌酵母含有サプリメントも販売しておりますので、ぜひ皆様の健康ライフにお役立てください。

 

水素産生菌とは?腸内細菌の種類と役割(善玉菌・悪玉菌・日和見菌)

水素産生菌とは、大腸菌や乳酸菌のような腸内細菌の一種です。腸内細菌は数万種類もあり、それぞれの細菌が集合した様が、まるでお花畑のようになっていることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌とは、大まかに言って、体に良い働きをする善玉菌、悪さをする悪玉菌、腸内環境によってこのどちらにも変化する日和見菌(ひよりみきん)の3種類のことです。善玉菌の代表がビフィズス菌や乳酸菌、悪玉菌には病原性大腸菌、日和見菌には無毒の大腸菌などが知られています。私たちの体は、こうした腸内細菌によって健康がコントロールされています。

腸内細菌には、感染の予防や食物の消化吸収などとともに、腸内環境を整えて、免疫機構をコントロールする役割も持っています。また、腸内細菌の中には水素を発生させる水素産生菌が存在します。酸素の少ない大腸内で、発酵を通じて水素を作っているのです。

 

健康維持のためにバランスの良い腸内環境の必要性

腸内環境が崩れるとどうなるの?

腸内細菌の割合は人それぞれですが、大まかに言って、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7程度が理想的とされています。体調が悪くなってこのバランスが崩れ、日和見菌が悪玉菌と一緒に活動するようになると、有害物質のアンモニア、インドール、スカトール、硫化水素などが増えてきます。その結果、便秘や下痢になり、さらにこの状態が続くと、有害物質が腸に蓄積して様々な病気のリスクが高まります。

 

腸内環境を整えるとどうなるの?

美容や健康維持のためには、腸内細菌の割合をできるだけ良い状態に維持することが大切です。そのためには、食事の内容に気を付けることはもちろん、善玉菌の餌になるオリゴ糖や善玉菌サプリを摂取することも有効です。さらに、腸内環境悪化に伴って減少した水素産生菌は、サプリメントで補ってあげるとよいでしょう。

リンクマネジメント株式会社がお届けする「CRYSTAL H.E.」は、水素産生菌酵母含有サプリメントのため、毎日の健康維持に役立ちます。

 

腸内環境に着目した水素産生菌酵母含有サプリメント

健康は理想の腸内環境から始まります。そのためには、規則正しい生活とバランスのとれた食事を意識するのはもちろん、継続的なサプリメントの摂取で、足りない栄養素を補うこともおすすめです。

リンクマネジメント株式会社は、水素産生菌酵母含有のサプリメント「CRYSTAL H.E.」で、皆様の美容や健康維持のお手伝いをさせていただきます。毎日飲み続けられるサプリメントをお探しの方は、ぜひ「CRYSTAL H.E.」をお役立てください。初回お試し・単品購入はもちろん、便利な定期購入も可能です。